プーアール茶.com

麻辣臭豆腐

麻辣臭豆腐を食べる。
初めて臭豆腐を食べる人には、麻辣臭豆腐臭がいいかもしれない。清蒸臭豆腐などは独特のクセが純粋すぎて、好きな人以外を退ける。臭豆腐はいつもの店で買った。
牛筋肉、豚肉、大根、春菊、椎茸、葱、唐辛子、花椒(中華山椒)、香菜、肉団子、ソーセージ、臭豆腐麻辣臭豆腐
牛筋肉、豚肉、大根、ニンジン、春菊、椎茸、葱、唐辛子、香菜、肉団子、ソーセージ、臭豆腐。本日の材料費:430円。麻辣臭豆腐の作り方は、唐辛子を油で炒めて香りを出し、豚肉を茹でたスープを足す。魚香醤(花椒がはいっている)を加えて、臭豆腐、椎茸、生姜の刻んだのなどなどを入れて、醤油などで味付けして中華鍋でグツグツと煮る。
麻辣臭豆腐
麻辣臭豆腐
うまい。ますます本場の紹興や台湾の深坑のが食べたい。唐辛子は控えめなのでスープは赤くないが、それでも日本人には十分辛い。本格のはもっと真っ赤で、表面はラー油と化している。豚肉団子とソーセージが入っていたが、これは邪魔だった。いずれもスーパーで売られていたもので、化学調味料の味精がたっぷり入っている。そもそも臭豆腐はアミノ酸など味覚成分が豊富で、醤油や紹興酒などの調味料と相性も良く、ちょっとの味付けで十分に濃い味になる。だから余計な味付けはいらないのだ。最後に香菜をパラパラと散らす。これがまたいい感じ。
春菊の炒めもの大根とニンジンと牛筋肉のスープ
春菊の炒めもの。春菊は好き。鍋物もいいけど、炒めてもうまい。大根とニンジンと牛筋肉のスープ。麻辛臭豆腐で痺れた口が癒された。
1950年代のプーアル茶
1950年代に製造されたプーアル茶。試飲中。香港にあったもの。白檀とか麝香とか、そういう香りがする。10煎くらいして色が出なくなっても香りは消えないので、飲んでも飲んでもまだ美味しい。もし入荷するとなるとちょっと勇気のいる出費となる。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM