プーアール茶.com

焼売(シュウマイ)

焼売(しゅうまい)を食べる。
焼売といえば、挽肉とか蝦が入ったものを思い浮かべるが、今日の焼売はもち米がメインでいくつかの具が入る、少し大きめのやつ。
焼売を売っている
焼売(しゅうまい)
上海のちょっと下町な感じの通りには、必ず蒸篭から湯気を立たせている店が1つか2つあって、たいがい中華饅頭やもち米の焼売を売っている。朝と昼のちょっと早いめに、蒸したてを狙って買うべし。
もちろんうちで作るのは、露店のよりもいい素材を使うから、もっと美味いはず。まちがいない。
蝦、青豆(グリンピース)、干し椎茸、豚肉、葱、焼売の皮
蝦、青豆(グリンピース)、干し椎茸、豚肉、葱、焼売の皮など。本日の材料費:350円なり。もち米の焼売の具にはこの他にも、干し貝柱、塩漬け卵の黄身、鶏肉、栗などがある。
具ともち米を味付け焼売の具ともち米
もち米と具の味付けは、醤油、砂糖、紹興酒、(蝦のほうは紹興酒は入れない)、葱、胡椒、そのくらい。蝦は卵白の衣がついている。
焼売の蒸しあがり
焼売の中を空けてみる
肉のほうの焼売。やばい!うまい!目が眩む。
ということは・・・
蝦のもち米焼売
蝦のほうはもっとやばい!危ない!うまい!。写真のために皮を開けたが、食べるときはもちろんそのまま手でつかんでかぶりつく。
蝦の焼売
口の中で皮が破れて、閉じ込められていた味と香りが爆発する。その衝撃に目が眩む。味爆弾だ。こうなったらいくらでも爆発させるぞ。ずっと食べ続けたいからお腹が一杯になってほしくないが、数個で限界がくる。ドラエモンなんとかしてくれ!
もち米に具と味付けをして炒めた状態では、それほど美味いとは思わなかったが、皮で包んで蒸したら魔法がかかる。もち米の香りがすごい。
温州みかんと小さい柿熟茶のプーアル茶のどれか
デザートは、温州みかんと小さい柿。本日のお茶は、熟茶のプーアル茶のどれか。たぶん「厚紙黄印七子餅茶(プーアル茶)」だと思う。焼売に夢中で、どの茶葉を入れたか忘れてしまった。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM