プーアール茶.com

辣子鶏

四川の料理、辣子鶏を食べる。まちがいなくうまい。
味もビジュアルもわかりやすく、ハリウッド映画のように国境を越えて万人に通用するだろう。名付けて「アクション料理」だ。
海椒
海椒
本日は、四川特産の「海椒」という唐辛子を使う。これが案外上海で売っているところは少ない。上海にある四川料理のレストランは現地から取り寄せているのかもしれない。
鶏、芦筍(アスパラガス)、青蒜(ニンニクの芽)、大根、ニンニク、生姜、大蒜、ニンジン、海椒、花椒
鶏、芦筍(アスパラガス)、青蒜(ニンニクの芽)、大根、ニンニク、生姜、大蒜、黄芽菜、ニンジン、海椒、花椒。本日の材料費:600円なり。大根はちょっと珍しい色をしていた。表面だけが赤紫に染まっている。中味は白い大根。
先に鶏を揚げる海椒、ニンニク、生姜を炒めて味付け
骨ごとブツ切りにした鶏肉に、胡椒、片栗粉、塩、紹興酒などで下味をつけ、10分ほど置いてから鶏を揚げて、残った油に、生姜、ニンニクを炒める。香りがしっかり出たところに海椒(唐辛子)と花椒(中華山椒)を加え、辛い味が油に出たところで醤油、豆板醤、砂糖で味付けして鶏を戻して軽く炒める。
辣子鶏
辣子鶏
辣子鶏。辛い辛いといいながらも、食べることを止められなくなる。鶏肉にはテリヤキのように甘いめの味がしっかりついている。粒のままのニンニクも、大きめにスライスしてある生姜もうまい。花胡椒の粒をたまに噛んでしまって舌が痺れる。ビールが欲しい。
青蒜大根
青蒜大根。大根とニンニクの芽を炒め煮てある。安徽省の田舎料理らしいが、大根とニンニクの芽の相性バッチリで、これがまたいくらでもいける。
芦筍鶏湯8892後期紅印圓茶 プーアル茶
芦筍鶏湯(アスパラガスと鶏のスープ)。スープはわざとおとなしい味にして、口を休められるようになっている。本日のお茶は、「8892後期紅印圓茶プーアル茶」。昨日に淹れていた茶葉がまだ湯を足して飲める。6煎めくらいだろう。
食後1時間くらいは、辣子鶏を思い出すせいか?それとも口の中に唐辛子が残っているのか?ときたま額から汗が出る。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM