プーアール茶.com

水煮魚

水煮魚を食べる。
二日前の辣子鶏の海椒(四川の唐辛子)がまだあるので、それを使う料理となった。魚には「青魚」という川の魚を使う。大きなのは1.5メートルを越すコイ科の大魚だが、食べごろとして市場に売っているのは50〜70センチくらい。この魚は冬に干して食べる「棒鱈」に似た料理があって、それはまた時期が来たら、市場で活きた「青魚」の写真とともに紹介しようと思う。
青魚、香菜、黄豆芽(もやし)、ザーサイ(搾菜)、冬筍、大葱(ねぎ)、鶏肉、佛手瓜
青魚、香菜、黄豆芽(もやし)、ザーサイ(搾菜)、冬筍、大葱(ねぎ)、大蒜(ニンニク)、鶏肉、佛手瓜。本日の材料費:650円なり。
海椒青魚の切り身
海椒。ぶつ切りにする青魚。水煮魚には「魚片」と書く薄切りにするのをレストランではよく見るが、厚めのぶつ切りにして食べるのもまた美味しい。塩、紹興酒、片栗粉をふって、30分くらい置く。
その間に鶏肉のスープをとる。塩、胡椒、紹興酒で軽く味をつけて、鶏肉は引き上げる。その鶏肉は明日の料理に使う。さらに、もやしとザーサイを炒めて分けておく。
水煮魚
いよいよ花椒、海椒、唐辛子、を油で揚げ、ニンニク、生姜、葱を足す。そこへ鶏のスープを流し込んで、魚の切り身ともやしとザーサイの炒めたのを放り込む。鍋の中は地獄絵図のようになる。
水煮魚
水煮魚
水煮魚。辛くなりすぎないように、唐辛子は先に引き上げる。タオルを首にかけて食べた。吹き出る汗をぬぐう。青魚の身は川魚の泥臭みもなく、淡白な白身魚の食感で、腹の部分には適度に脂が乗っている。これなら日本人にも抵抗がないだろう。水煮魚にするのは、草魚、雷魚などもあるが、それよりは青魚が美味しい。ちょっと値段がいいだけある。
佛手瓜の炒めものバチャン焼のエスプレッソ用カップでプーアル茶
炒佛手瓜(佛手瓜の炒めもの)は、水煮魚の合間に食べるせいか、甘味を強く感じる。本日のお茶は、プーアル茶の熟茶。まだ入荷していないもの。ベトナムのバチャン焼のエスプレッソカップにしてみた。
紅葉の上海
ベランダから見える緑の色がすっかり変わった。上海の冬は体感的にかなり寒い。暖房の準備と心の準備がいる。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM