プーアール茶.com

紅焼牛蹄筋

先週末の市場で、牛蹄筋(牛アキレス腱)が目に付いた。
市場の牛肉屋
市場の中の牛肉屋。それを食べようということになって、昨日から煮込んでいた。
牛蹄筋(牛アキレス腱)、蓬蒿菜(春菊)、大骨頭、青蘿蔔(青大根)、紅蘿蔔(ニンジン)、葱、生姜、紅椒(赤ピーマン))青椒(ピーマン)
牛蹄筋(牛アキレス腱)、蓬蒿菜(春菊)、大骨頭、青蘿蔔(青大根)、紅蘿蔔(ニンジン)、葱、生姜、紅椒(赤ピーマン))青椒(ピーマン)。本日の材料費:480円なり。
牛蹄筋(牛アキレス腱)牛蹄筋(牛アキレス腱)煮込んだ後
さすがに牛のアキレス腱は大きい。でも水で3時間ほど煮たら、かなりちじまった。それをブツ切りにしてピーマンといっしょに炒めて紅焼ソースにする。
紅焼牛蹄筋
紅焼牛蹄筋
紅焼牛蹄筋。うまい。日本の居酒屋の牛すじ煮込みとほとんど同じ。味付けに花椒(中華山椒)の入った豆鼓紅椒醤をつかっているが、日本のすじ煮込みも七味山椒を振ったりするので、やっぱり似ている。違いは量。メインのおかずだから、鼻血が出そうなほど山盛りある。だから急がなくてもいいのに急いで食べてしまう。
清炒蒿菜青紅蘿蔔大骨頭湯
清炒蒿菜。春菊の炒め物。ナイス組み合わせだ。春菊の苦味と食感が、紅焼牛蹄筋でしつこくなった口の中をリセットしてくれて、また一から紅焼牛蹄筋を食べる喜びがよみがえる。日本の春菊よりはクセがなくて食べやすい。スープは青紅蘿蔔大骨頭湯。青大根というのが入っていて、これがなんとも甘くて美味しい。大根の青臭い感じもあるがそれを覆い隠すほどの強い甘味がある。これと同じスープで、3色の大根のが広東の家庭料理にあるらしいので、次回主役で紹介しようと思う。
プーアル青磚茶90年代
本日発売開始の「プーアル青磚茶90年代」。スッキリした味わいで香が弱いので、料理にも相性がいい。今後このブログにもよく登場することになると思う。
仕事が終わってからこの「プーアル青磚茶90年代」を焼酎割りにして飲んだらかなり美味い。クセのない生茶と焼酎は相性がいい。ちょっと発見。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM