プーアール茶.com

紅腐乳焼肉

昨日、映画「ショコラ」をDVDで見た。たまらん。
それで朝からチョコレート。
手作りチョコレート
お茶は、常温乾倉の7542紅絲帯プーアール餅茶1993年(非売品)を合わせる。ヘビーなチョコには青いのがいいと思ったが、渋みが強すぎてチョコの余韻が消えてしまった。それにしても「ショコラ」のチョコ好きで糖尿病のおばあちゃんに「プーアール茶飲めばいいねん!」と言いたい。田七人参を処方してもいい。そしたら美味しいものをもっと楽しめただろう。でも、それじゃドラマにならないのか・・・
さて、今日は「紅腐乳」といって、その色に特徴がある調味料を使った料理。紅腐乳、五花肉(豚肉)、生姜、葱、青菜、菌據家鴨肉など。本日の材料費:320円なり。紅腐乳はひとことで言うと「発酵させた豆腐の塩辛」で、腐乳と同じ。市販のを買ってきたが、この内容成分に「味精(味の素)」が入っていたのが気に入らない。
紅乳腐乳腐、五花肉(豚肉)、生姜、葱、青菜、菌據家鴨肉など
紅腐乳、五花肉(豚肉)、生姜、葱、小青菜、菌據家鴨肉など。本日の材料費:320円なり。五花肉(皮に近いゼラチン質の脂身と赤味と4〜5層になった豚ばら肉)を茹でてから炒めて、紅乳腐、醤油、紹興酒、砂糖で味付けする。
紅腐乳焼肉
紅腐乳焼肉
紅腐乳焼肉。甘い香がして、口に入れると濃厚な味噌に似た塩気のある味。なんともいえない旨味が口に広がる。この独特の赤い色は天然のもの。日本で醤油などにつかわれているのが「黄麹」という麹菌だが、中国や台湾には「紅麹」という赤い色素をもつ麹がある。発酵食品や天然色素や漢方薬の材料に利用されている。沖縄でも一部「とうふよう」づくりに使われているらしい。
青椒炒蛋菌攤攷甘
青椒炒蛋。卵とピーマンの炒めもの。菌攤攷甘髻キノコと小青菜(小チンゲン菜)のスープ。家鴨肉が少し入っていて、それがスープの味をしっかりさせていた。
常温乾倉の7542紅絲帯プーアール餅茶1993年(非売品)豆醤に核桃黒芝麻粉を入れてみた
本日のお茶は、チョコレートと食べたのをお昼からもつづけて飲む。さすがに4煎めくらいからは渋みはおさまって飲みやすい。デザートに甜豆漿(甘い豆乳)に核桃黒芝麻粉を入れたのを飲んでみた。あんがいイケル。いや、かなりイケル。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM