プーアール茶.com

咸肉菜飯

ひさしぶりの雪景色になった上海。
雪の上海
雪が積もったのは朝だけで、昼には解けてなくなった。
さて、今日は週末で簡単な料理。咸肉菜飯を食べる。
咸肉、香腸(中華ソーセージ)、萵笋(セルタス・茎レタス)、小青菜(小チンゲン菜)、蕃茄(トマト)、葱、生姜
咸肉、香腸(中華ソーセージ)、萵笋(セルタス・茎レタス)、小青菜(小チンゲン菜)、鶏蛋(鶏卵)、蕃茄(トマト)、葱、生姜。本日の材料費:280円なり。萵笋は葉を使って茎は後日の料理に使う。自家製の咸肉と市場で小さな店が作っている香腸(中華ソーセージ)。小青菜も入る。
咸肉菜飯
咸肉菜飯。小青菜、萵笋の葉、咸肉、香腸、生姜のスライスを米といっしょに炊く。レストランでは具を炒めてご飯と混ぜ合わせたりするところが多いが、いっしょに炊き込むのが伝統的なやりかた。今日は野菜が多くて水分が多すぎ、ちょっと米がべチャッとなってしまった。でも味はいい。
蕃茄蛋湯
蕃茄蛋湯。トマトと卵のスープ。いつもの味。
7581後期文革磚80年代、下関茶磚80年代、7562プーアル磚茶
左から、7581後期文革磚80年代下関茶磚80年代、7562プーアル磚茶。大きさの違いがわかる。重量はほぼ同じで大きさが異なるのは、茶葉の大きさや質、加工のときの圧延の技術の違い、そして熟成年数も関係してくる。見た目以上に味の違いもある。プーアール茶の面白いところのひとつ。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM