プーアール茶.com

夏の京都3日間

汚い上海から綺麗な京都に移動すると、もうそこの空気が吸えるということだけでも感動する。
祇園祭り
祇園祭り祇園祭り
ちょうど祇園祭りの鉾がたてられた時だった。木を組んで縄で縛る職人の技がすごい。若い職人もいる。
祇園の八坂さんに近い路地祇園の小料理屋さん
蝦と鯛ともち米だったようなじゅんさい
ご飯、ちりめん山椒、漬物
柳川鍋魚そうめんと半熟卵
祇園の八坂さんあたりの路地にある「匠心庵」。ちりめん山椒がこの店の名物。これと漬物と白いご飯が最強。写真を撮る前にたまらずちょっと食べてしまった。ゆるされるなら、腹いっっぱいになるまでこればっかり食べたい。
夏は川魚なので、鮎の割烹(鮎一)にも行った。
由良川水系天然の鮎
鮎のせごし
鮎のなれ鮨鮎の干物
鮎の塩焼き
鮎の背ごし、鮎のなれ鮨、鮎の干もの、鮎の塩焼き。ここの鮎は顔つきや体つきがちょっと違う。気合の入った入魂の料理。お酒は八海山の冷酒。
ギムレット
神戸牛のコンビーフ名前忘れた
せっかくだからちゃんとした店で、まじめに作られるカクテルも飲んでおいた。上海にはまじめなカクテルがないのだ。(知らないだけかもしれないけど)美味しいコンビーフは神戸牛。
家庭料理もよかった。
あさりご飯
アサリご飯
鯛そうめん鯛そうめん
あさりご飯は、こういうふうに作ったらまちがいなく美味しいというものだった。鯛そうめんもすごい。鯛一匹でとる出汁は冷めたときにとろみが出て煮こごりの一歩手前になる。
いづうの鯖寿司
いづうの鯖寿司。のとよの鰻を食べるのを忘れていた。
寺町三条上がるのスマートのホットケーキを久々に食べた。ここのホットケーキは5〜6歳の頃は一番のご馳走だった。今食べてみると、美味しいけれど、他にも美味しいお菓子がいっぱいある今となっては、特別な味はしない。それに、子供のときは大きかったホットケーキが、大人になって体が大きくなったせいで普通の大きさになっていた。思い出の中の最高のお菓子のままにしておけばよかった。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM