プーアール茶.com

ピー県豆辣(豆板醤)の麻婆豆腐

郫県豆辣(豆板醤)を買ってきた。
ずいぶん探していたが、とつぜん近くのスーパーに姿を現した。
ぴー県豆辣(豆板醤)
ぴー県豆辣(豆板醤)
四川省の郫県というところで作っている豆板醤。益豊和号というブランド。何年か瓶で熟成させるもので、一味違う。はずなのだが、一袋250gが50円くらいで売っているから、実際のところ熟茶みたいに快速発酵技術があるんじゃないの?と疑ってしまう。それでも美味いと評判。オーガニックの「緑色食品」のマークもある。
麻婆豆腐
麻婆豆腐
郫県豆辣(豆板醤)の麻婆豆腐。
ご飯で食べる。大きめの唐辛子がちらほら見える。おそらく四川の唐辛子の「海椒」だと思う。この豆板醤、とにかく辛くて汗が吹き出るが、舌を刺したり唇がヒリヒリ痛くなる辛さではない。強いけどまろやかな辛さ。なので、唐辛子の味を感じることができる。タバスコにもあるあの味。黒豆の発酵度合いが強いせいか、少し酸っぱい感じもある。たしかに一味違う麻婆豆腐になる。
食後にお腹がポカポカあたたかい。夕食のときまでずっと続いた。嫌な感じではなくて、気持ちがいい。やっぱり瓶での発酵の具合がいいのだろう。
清炒ササゲ骨頭蘿蔔湯(大根とニンジンと豚骨のスープ)
骨頭蘿蔔湯(大根とニンジンと豚骨のスープ)。
青炒豇豆(ササゲの炒めもの)。
大益茶磚96年プーアル茶
本日のお茶は、「大益茶磚96年プーアル茶」。今日発売開始。特別な個性のある味はしないが、倉での発酵の具合が良くて、間違いなく美味しい熟茶。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM