プーアール茶.com

薬膳酢で醋溜白菜

十全大補湯・薬膳スープの素セットの使い方を、東京で料理関係の仕事をしている知人に相談してみたら、毎日の食事に簡単に取り入れられるような、例えば薬膳ドレッシングなんてどうですか?と教えてもらった。
ドレッシングとなると、薬膳酢をつくるか、薬膳油をつくるか、実はどちらも試したが、オリーブ油に漢方素材を漬けたほうは、成分がほとんど出てこなかった。なので、白酢に漢方素材を漬けた薬膳酢を選んだ。
酢とオリーブオイル十全大補湯・薬膳スープの素材セット
キッチンペーカーで水分を取るオーブントースターで乾かす
十全大補湯・薬膳スープの素セットの漢方素材をそのまま使う。水洗いして、キッチンペーパーで包んで乾かす。さらにオーブントースターでほんの少し表面を温めて、水分を蒸発させる。乾いた漢方素材を瓶につめ、白酢を500mlほど注いで2週間ほど。熟地黄(じゅくじおう)の色で黒くなる。ほんとうは1ヶ月ほど待ったほうがよさそう。もっと瓶が大きければ白酢は1リットルあっともよい。500mlの場合は、少し減ったところでまた白酢を足せば良い。
十全大補湯・薬膳酢
十全大補湯・薬膳酢
十全大補湯・薬膳酢。
そのまま飲んでみたら、当帰(とうき)などの強い香りはあるものの、味わい深くて、白酢そのままよりはまろやかに感じる。紅棗(なつめ)や桂圓(けいえん)の甘味が出ている。ドレッシングにするはずだったが、うちは生野菜をあまり食べないことに後から気づいて、酢を使った料理にしてみる。
醋溜白菜(白菜の薬膳酢炒め花椒風味)
醋溜白菜(白菜の薬膳酢炒め花椒風味)。
以前に紹介した醋溜巻心菜(キャベツの黒酢炒め花椒風味)の、白菜と薬膳酢バージョン。レシピは同じ。もちろん美味しい。こんなに凝った料理にしなくても、スープの酸辣湯という手もあるし、もっと手軽に、小龍包とか水餃子に薬膳酢をちょっとつけるなど、薬膳酢の使い道はいろいろありそう。蜂蜜を足してお湯で割ってそのまま飲んでも健康に良さそう。
田七人参
今日のお茶は、田七人参とお湯。
昨夜とつぜん走りたくなって、走った。30分も走ったら脚が云う事を聞かなくなって、帰り道が辛かった。そして今朝から筋肉痛。なので鎮静作用のある田七人参を飲んだ。田七人参は65度以上で壊れる田七サポニンという物質があるそうだが、そんなことはおかまいなしに熱湯を注ぐ。とにかくそれで自分の場合は十分にいいのだ。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM