プーアール茶.com

蒸塩水肘子

豚肉の料理。
ちょっと夜が涼しいせいで、肉がうまい。
プーアル茶
プーアル茶もうまい。
豚の腿のつけ根の肉を、洗って、毛抜きを完璧にして、塩水に漬ける。その塩は、花椒(中華山椒)といっしょに炒ったもの。塩水から出してまた洗って、布できれいに拭いて乾かして、紹興酒、胡椒、葱、生姜の絞り汁をまぶす。
蒸塩水肘子蒸塩水肘子
肉を巻いてタコ糸で縛って、土鍋に入れ、上から生姜の細切りをのせて、土鍋の蓋をして、土鍋ごと蒸し器に。はじめ強火で沸騰してからは中火。2時間ほど蒸す。土鍋ごと冷ましてから、スープの表面の油をすくって、冷蔵庫に冷やす。
蒸塩水肘子
そうすると、こんなに透明な煮こごりができる。煮こごりは、そのまま食べるにはちょっと塩辛いので、別の料理に使う。肉を取り出して、タコ糸をほどき、薄切りにする。
蒸塩水肘子
蒸塩水肘子(豚の腿のつけ根の肉の塩水漬け蒸し)
何もつけないで食べたほうが良い。なんともゆえない豚の旨味とほのかな塩味。隠し味はぜんぜんでしゃばらないので、豚のそのものの風味がしっかりしていながら上品。それが口いっぱいにひろがって鼻に抜けてゆく。幸せ。好みで、レモンなどを絞ってもいいかもしれない。必ずご飯が足りなくなるから、このときは少し多い目にご飯を炊くべし。酒飲みは酒を用意するべし。
さて、その煮こごりは、何に使ったかというと・・・・
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セットのスープの出汁に使った。
そろそろウォーミングアップして、販売時期の到来に備える。今日は、ミニ白菜を欲張って入れすぎ。あきらかにバランスが悪い。火鍋の具については、なんでもよしとしてきたが、実はものすごく美味しいコンビネーションがあるはずだ。それをちょっと研究してみようかと思う。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM