プーアール茶.com

蟹肉麻婆豆腐

3日続いた上海蟹のしめくくりに、麻婆豆腐をもってきた。
一時期のめり込んでいた麻婆豆腐の研究は、途中で食べるのが嫌になったのではなくて、麻辣火鍋の季節になって、そっちを食べるほうが忙しくなったので、放ったらかしにしているのだ。
上海蟹で麻婆豆腐はどうかと、コックさんのアイデアで試すことになった。
上海蟹
上海蟹
上海蟹の豆腐料理には、蟹粉豆腐というちゃんとした料理がある。豆板醤で、蟹の風味が消えるだろう麻婆豆腐は、邪道かもしれないが、試してみる価値はある。なにかわかることがあるかもしれない。
蟹肉麻婆豆腐
蟹肉麻婆豆腐
蟹肉麻婆豆腐
このような思いつきの料理は、どんな味になるだろう?と期待で胸いっぱいになって、食べたらガッカリというパターンが多いかと思うが、これは美味しかった。もちろん上海蟹の風味は、麻辣と豆板醤で消えたが、豆腐の旨味を引き立てる醤としては、すばらしい。いつもは豚のひき肉を使っているが、蟹の肉はそれよりも咸味(塩っぽい味)が強く、それが豆腐をより甘くやわらかく感じさせる効果を生んでいる。ということは、豚のひき肉に中華ハムを足してみるとか、咸味(塩っぽい味)を足す工夫をすればいいかもしれない。次回に試すつもりだ。
韮菜炒肉絲巻心菜蝦皮湯
韮菜炒肉絲(ニラと細切り肉の炒めもの)
巻心菜蝦皮湯(キャベツと干しアミ蝦のスープ)
老茶頭プーアル茶磚06年
本日のお茶は「老茶頭プーアル茶磚06年」で、ミルクティー。黒いぐらいに濃く淹れておいて牛乳に足す。牛乳好きの人は、牛乳6:茶4くらいの割合が美味しいと思う。
2006年のお茶であるが、2007年の夏を越して、茶葉にかすかにバニラのような香りが混じるようになったが、味には大きな変化は感じない。このお茶の独特の作り方によるところが、どのように他とは異なる変化をしてゆくのかが興味深い。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM