プーアール茶.com

麻辣栗子鶏心

季節のかわりめ。きゅうに肌寒くなったのに調子を合わせる感じが、体の内側からしてくる。とにかく眠い。
さて、今日は鶏の心臓を食べる。鶏肉は、生きた鶏を売っている店で一羽ごと買うわけで、鶏の心臓はその店にはない。各部位をわけて売っている別の店で買うのだ。(どうなってんのかと、気になっていた)
鶏心
油で花椒を炒めて香りが出たら、豆板醤を炒めて、油が赤く染まったら、生姜、桂皮、八角、鶏の心臓(あらかじめ下茹でしたの)を炒めて、紹興酒、醤油、砂糖、栗(茹でて皮を剥いたの)を入れて、水を足して蓋をして25分。ニンニクの芽を足して蓋をして5分。出来上がり。
麻辣栗子鶏心
麻辣栗子鶏心
麻辣栗子鶏心(栗と鶏の心臓の甘辛焼き)
もう、むちゃくちゃうまい。この味に負けなし。それだけ。
清炒紫角叶清炒紫角叶
清炒紫角叶(落葵・ツルムラサキの炒めもの)
大白菜肉片湯(白菜と豚肉のスープ)
干し貝柱と白菜の相性がよく、旨い出汁に仕上がっている。
プーアル茶
ふと、思ったのだが、デパ地下の食品売り場なんかでは、味見させてくれるけれど、それは、どんな味かを知ってもらったら、買う人は安心だろうってことだと思うが、そうすると、このブログは何だ!美味しいですよといって、自分が飲んでいるのだ。ま、そのほうがいいか。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM