プーアール茶.com

麻辣火鍋の薬味セットに砂仁を追加

四川省の成都の市場で買ってきた香辛料の「砂仁」。
これを、麻辣火鍋の薬味セットに足して作ってみた。
砂仁
すでに使用している草果とおなじく、砂仁もショウガ科の植物の実らしい。独特の香りは、京都の寺町御池の鳩居堂の香りに似ている。
火鍋の具は、豚足、豆苗、トマト、ミニ白菜、春雨、豆苗、黒虎掌菌と、ごくシンプル。トマトやミニ白菜など、水分の多い野菜が入るときは、その分のスープの素をつくる水を減らすのが良い。野菜の水が出てきて、スープをより美味しく濃厚にする。
砂仁の加わった火鍋
「砂仁」の効果はというと、これまで練ったり絞ったりして完成度を高めてきたバランスを考慮して、少ない量(5g)で試したので、はっきりとわかるほどでもなかったが、火鍋の香りに高級感が出たような気がした。そういうわけで、火鍋の薬味セットの香辛料に、金沙仁を加えることにした。しかし、コックさんの話では、これを使うかどうか以前にも試したことがあって、そのときは、香りが日本人向けではないといって、ボツにしたらしい。今回は、四川省の成都の市場まで行って手に入れて、かんたんに穴のあくビニール袋からポロポロと落としながら、飛行機では博打をする中国人たちの騒ぎに眠れず、地下鉄では気味の悪い乞食にたかられ、タクシーの運転手とは料金交渉で喧嘩になり、やっとの思いで上海に帰ってきたので、その気持ちがスパイスになったのだろう。
大益7672七子餅茶07年
本日のお茶は「大益7672七子餅茶07年」。
やさしくシンプルな味わいは、火鍋との相性もいい。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM