プーアール茶.com

麻辣火鍋レシピ情報 出汁の作り方の変更

「火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット」のページの、
「■その1.火鍋スープを作る」のところで、「鶏がら、豚骨など出汁になるものがあればなお良し」と書いてあった文章を削除した。もちろんあっても良いのだが、よほど上手に出汁をとる技術が無いかぎり、それなしで作ったほうがずっと良い。セットに付いている干し貝柱、干し蝦、白人参などで十分である。
ところで、イワタニカセットコンロと火鍋にちょうど良い大きさの平鍋を買ってきた。実は火鍋セットを商品化して2年目になるのに、このコンビがなくて、いつも台所のガスコンロをみんなで囲んで火鍋を食べていたのだ。平鍋は内径24cm×高さ8cm。水は3リットルちょっと入る。4人前くらいにはこれ以上も以下もないちょうど良いサイズである。
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット
軽く水洗いした干し貝柱、干し蝦、白人参に、生姜スライス5〜6枚と料理酒大匙3杯ほど入れて、30分ほど弱火で煮込む。鶏がらや豚骨を入れたときよりも透明感のあるすっきりしたスープに仕上がる。ここまでと、スパイス類をフライパンで炒める過程までを台所のコンロで行って、その後はカセットコンロに移動させる。
そして、もうひとつ、
火鍋の王様!麻辣火鍋の薬味セット
「■その2. 薬味を油で炒めてスープにうつす」のところの最後でトマトを入れて、そこで鍋底(スープ)の出来上がりとするのが定番になった。
本日はそのようにして「麻辣火鍋」を作って食べた。
単純に、白菜と春雨が美味しかった。餅を入れるのを忘れたが、お客様から美味しいと聞いている。次回試してみる。当店の火鍋は、食後感がすばらしく良い。食べた後に胸やけや胃もたれするようなことにはなりにくい。スカッとした爽快感が数時間続く。お腹が減るとまた食べたくなる。
最近ちょっと暖かくなってきた。5月か6月か、暑さを感じるようになったら、今シーズンの火鍋セットの販売を終了する。まだ肌寒さのある美味しいうちに食べられたし。
千禧年7542青餅00年プーアル茶
千禧年7542青餅00年プーアル茶
本日のお茶は「千禧年7542青餅00年プーアル茶」と「紫大益7542青餅00年」。「千禧年7542青餅00年プーアル茶」のほうが上であると思う。ちゃんと値段に比例している。矛盾は無い。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM