プーアール茶.com

泡子孫菜包餅

それでも泡菜(漬物)の料理をつくる。
漬物料理を食べ続けていると肌の調子が良い。すべすべしている。女性の方は試す価値があるんじゃないかな。個人差があるだろうけれど。
包餅
咸肉
泡子孫菜
今日は「包餅」にする。過去にも作っていて、泡萵笋の包餅酸豆角包餅を試しているが、泡子孫菜は初めて。それと、いつもより小さめに皮を焼いて手巻き寿司サイズにしてみる。
泡子孫菜は軽く炒めておく。包餅には漬物臭いのや、ちょっと風味にクセのある豆鼓などが似合う。「餅」は皮のことで、小麦粉、卵、塩ほんの少し、胡椒、葱、水を混ぜてフライパンで焼く。咸肉(塩漬け干し豚肉)は蒸して薄切りにする。生野菜は春キャベツ。
泡子孫菜包餅
泡子孫菜包餅
泡子孫菜包餅(子孫菜の漬物の中華クレープ)
やはり手巻き寿司サイズは良かった。食べやすい。
美味しいかどうか以前に、工夫が足りない。ベトナムのフエの料理のように食感を考慮したり、ちょうど良いタイミングでブログ「吃尽天下@広州」に紹介されている「絲娃娃」のような、具を選ぶ楽しさがないことには、プロの仕事ではない。こんど何人か集まるときにでも、考え抜いた形のこの料理を作りたい。
鳳凰金毫沱茶05年プーアル茶
鳳凰金毫沱茶05年プーアル茶
本日のお茶は「鳳凰金毫沱茶05年」。
熟茶でメーカーの熟成が強いタイプのものには、ちょっと焦げたような発酵臭と、ごくかすかにアルコールのような揮発臭と、独特の強い酸味とで、それがかえって熟茶にしては薄っぺらい風味に感じさせるのがある。この「鳳凰金毫沱茶05年」も、当店が入荷した1年くらい前にはそんなところが目立つお茶だった。それから倉庫熟成を8ヶ月間させてみると、それまで熟成が進んできた道の方向を後戻りするかのように、つまりメーカーで熟成される前の、緑茶のような方向へと変化するから不思議だ。といっても、ごくわずかなのだけれど、倉庫熟成と室内保存とを比べてみると、確かにそういうところが感じられるのだ。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM