プーアール茶.com

麻辣火鍋レシピ情報 具のまとめ方

大小さまざまな火鍋の具を鍋に放り込んでゆくと、取り忘れた具が鍋の底のほうで煮え過ぎる。そこで、小さな具は串を使ってまとめてみた。大きな具はそのままで煮る。つまり「おでん」の要領。
熱串串
そういえば、四川の成都には「熱串串」という串刺しの野菜や肉を火鍋に浸けて食べる、そのものがあった。写真は「涼串串」で、串焼きの具を熱くない漬け汁に浸けて食べるもの。
麻辣火鍋
串を打つのに時間がかかるが、火鍋には家族や友達が集まるので、串打ちの手は足りるだろう。いつものように薬味を油で炒め、鍋底(火鍋のスープ)を作ってから、煮えるのに時間のかかるジャガイモ、こんにゃく、卵、厚揚げなどを入れる。すると鍋いっぱいにスープが上がるので、その上に串モノの、白菜、蝦団子、豚の胃袋、キノコなどを乗せてグツグツやる。
火鍋の鍋底づくり
麻辣火鍋(マーラーホーゴー)
スパイスの香りで走り出した食欲は、串のあるなしなどどちらでもよくなる。しかし食べ終わった後の鍋の底には、煮えすぎの具は少なかったので、一応成果はあった。
前回の「麻辣火鍋レシピ情報」にて、スープの追加は湯と塩だけと書いたが、今回は豆板醤を少し足した。好みもあるが、具の構成が毎回異なるため、スープの調整もそのたびなのだ。
火鍋に厚揚げ麻辣火鍋
麻辣火鍋
ビールは新疆ウルムチの黒。キュー!
具は、こんにゃくと厚揚げが美味かった。初めてこんにゃくを食べた当店のコックさんは絶賛。
いつのまにかスタッフの恋愛話になり、冗談を言って笑いが止まらなくなる。ふりかえってみると、いつも火鍋の中盤あたりからみんなおかしい。スパイスや薬膳が効くのか、それともアルコールがよくまわるのか、どちらにしても身体にも心にもいい料理だ。
上海は晴れ
黄印7572七子餅茶99年
上海は今日も晴れ。
本日のお茶は「黄印7572七子餅茶99年」
脱力。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM