プーアール茶.com

水煮墨魚

成都のお昼ご飯!の復習。いよいよ水煮魚をつくる。そのときは黄辣丁(鯰の仲間のギギ)を使った。過去にも水煮魚は何度か作っているけれど、その違いは、具をスープとは別に茹でておいてから、後でスープと合わせるところと、泡菜や泡菜汁をふんだんに使うことである。泡菜は自家製のがたっぷりある。しかし、今日はいい魚が見つからなかったので、ためしに墨魚(コウイカ)のゲソと紅蛤を使ってみることにした。
墨魚
紅蛤
水煮スープ
多いめの油で生姜、大葱、大蒜を弱火で炒めて香りが出たら豆板醤、豆鼓(トウチー)、甜面醤(テンメンジャン)、辣椒粉(唐辛子の粉)、泡蘿蔔菜(大根の漬物)、泡辣椒(唐辛子の漬物)を足して香りが出るまで炒めて、泡菜汁、水、紹興酒、砂糖、醤油で味を調えて、水溶き片栗粉でとろみをつける。同時進行でコウイカと紅蛤を茹でる。碗に刻んだ香菜を入れてそこにスープを注いで、具を合わせる。さらに花椒粉や辣椒粉をふりかけて、その上から熱した油をジューッとかける。その上に香菜と刻んだ葱を乗せて出来上がり。
水煮墨魚
水煮墨魚
水煮墨魚(コウイカの水煮魚)
美味しいけれど、水煮魚にはやっぱり白身魚がいい。このラー油スープは、白身の淡白な食感とうっすらと乗った脂にしっとりとからみつくのだ。ちょっとコッテリめのが良ければ、鰻や田鰻でもよいだろう。イカや貝では、スープがはじかれてしまって、美味しさ半減である。この差が大きいと感じないようなら、食の楽しみは半減である。
清燉三菌湯清燉三菌湯
蒜泥炒莧菜(ヒユナのニンニク炒め)
清燉三菌湯(キノコ三種の蒸しスープ)
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
本日のお茶「下関銷法沱茶90年代プーアル茶」 。
親しい友人の家族に心配事があって、そのことでスタッフたちとお茶を飲みながら会議。友人が気を落としている様子がいたたまれない。でも本人が言うように、元気な者が気を落としていたら、弱っている人を救う側の役割が果たせないから、元気でいられる者が元気でいるように心がけるのも大切なんだ。・・・そうすると、実は見た目ほどは簡単ではないにしても、美味しいものを食べられる我々が美味しいものを食べて見せるのは、なんらかの理由でそれが出来ない人たちへ、食べることへの希望を与えられるのではないかな?いや、ちょっとちがうか。まあ、どっちでもいいけれど。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM