プーアール茶.com

鹵水猪舌頭

さっそく友人を呼んで、鹵水の料理を食べてもらった。
そしたら、「美味しい美味しい」と言ってパクパク食べていた。これではダメなんだ。美味しかったらよいというものではない。料理は、その味の与える印象も大切で、ときには美味しさが邪魔することもある。美味しさを犠牲にしてでも、はっきりとその料理に対する考え方を、個性ある味で表現したほうが良い場合もある。
鹵水
鹵水
鹵水豆腐
鹵水豆腐(木綿豆腐の鹵水煮)
考え抜いて、なんども試した結果、われわれはこの料理をこういう味であるべきだと思うのです!ということを、言葉ではなく、味で表現するのだ。味に込める想いは、われわれの未来への希望であり、全人格をかけた思想である。そのような主張がはっきりするほど、嫌いな人もでてくるだろうが、そのような人たちにも、思想の存在が伝われば良い。そのほうが、思想なき美味しい料理よりは、よほどましなのだ。
鹵水猪肚
鹵水猪舌頭
鹵水猪舌頭(豚の舌の鹵水煮)
しかし説明が面倒なので、ひと言だけ、「もっと美味しくない鹵水にしてください」と言ったものだから、コックさんは固まった。その表情は、遠く地平線を見ていた。
次にやるべきことはわかっている。すでに炒飯で経験しているように、引き算から入る。つぎは醤油も骨頭(豚骨)も使わずに、塩と酒だけで鹵水をつくってみる。
苦瓜炒蛋山薬蛤蜊湯
苦瓜炒蛋(ニガウリと卵の炒めもの)
山薬蛤蜊湯(アサリと長芋のスープ)
五橋
清酒 五橋 山口県酒井酒造
後ろの白いのは、自家製どぶろく二段仕込 
プーアル茶
仏教
本日のお茶「同興號後期圓茶70年代」
『梅原猛の授業 仏教』を読みはじめているが、やはりいい。自分の食や生活に対する考え方にも、知らないうちに仏教が生きているようだ。食べることや料理について、ときどき人と意見が合わないときがあるけれど、なぜそう思うのか、自分でもわからなくて、うまく説明できないことがある。そのへんがはっきりするかもしれない。宗教は選ぶこともできるけれど、食や生活の観点でみるなら、生まれ育った土地の宗教が良さそうだ。過去に経験したことのすべてが繋がって、この先するべきことが見えてきそうな予感がする。


美味しいプーアル茶

新しいお茶のブログ

search this site.

selected entries

categories

archives

recent trackback

老人と海
老人と海 (JUGEMレビュー »)
ヘミングウェイ, 福田 恒存
茶の本
茶の本 (JUGEMレビュー »)
岡倉 覚三, 村岡 博

links

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM